ツルシマ亀ひやむぎの最近のブログ記事

 

涼しい季節になり、当社麺類のご注文やお問い合わせをたくさんいただくようになりました。

 

麺類の原材料に関する詳細(産地等)は、以下のブログ記事に載せております。

http://www.tsurushima.net/blog/2011/12/post-34.html

 

麺類の中でも、これからの季節、とくに人気なのが・・・・うどん類(亀うどん、香蓮うどん、細うどん、玄米うどん)

どれもコシがあり、モチモチ食感で美味しいです。釜あげうどん、かけうどんなどに・・・。

 

鍋料理の後、残った出しにご飯を入れて雑炊にするもの良いですが、茹でたうどんを入れても「美味~~!」です。

ツルシマ亀そうめん250g  ツルシマ亀ひやむぎ250g 


国内産小麦粉「九州地方(佐賀県または福岡県)」・食塩(青い海:シママース)で作りました。
夏場には大変好評な麺です。

 

ツルシマ亀そうめん

kamesoumen.jpg

 

ツルシマ亀ひやむぎ

kamehiyamugi.jpg

 

当社の麺をご愛顧いただいているお客様から・・・・・

 

「ツルシマさんの亀ひやむぎと細うどんを一緒に茹でて食べたら、今までにない独特の食感を

味わうことができてとっても美味しいわよ!」

 

と教えていただき早速、亀ひやむぎ+細うどん を一緒に茹でて食べてみました。

 

確かに、口当たり、食感ともに独特で美味しい!

 

● なぜ独特の口当たり、食感に?

 

ツルシマ亀ひやむぎは、丸い麺で、ツルシマ細うどんは、平たい麺だからです。

丸麺と平麺が一緒に口の中に入るので、口当たりと食感が独特で面白いんです。

 

● 一緒に茹でても大丈夫?

 

ツルシマ亀ひやむぎ、ツルシマ細うどんのゆで時間は、ともに5~6分です。

見た目は、細うどんのほうが少し太いのですが、平たい麺にしている分、ゆであがりが早いことにより

亀ひやむぎとゆで時間が一緒になります。

 

 

興味のある方は是非試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

1

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちツルシマ亀ひやむぎカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはツルシマ亀そうめんです。

次のカテゴリはツルシマ吉野本葛です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。