枇杷の種酒

 

季節外れではありますが、枇杷の種酒の作り方のご紹介です。
 
作り方と言っても、ごく簡単。枇杷の種をビンに入れ、それにホワイトリカーを注ぐだけです。
枇杷の種もホワイトリカーの量もお好みで・・・。
時間が経つと、枇杷の種のエキスが浸出してきて綺麗な茶色になってきます。

 

biwatanezake.jpg 
 

写真の枇杷の種酒は、数年経ったものですが、3~4カ月くらい置いたら色も綺麗に出てきます。

とても甘くて美味しいですよ。お酒の強い人はそのまま飲んでも良いですし、盃半分くらいを、

水またはお湯で割って飲んでも良いです。

興味のある方は、枇杷のとれる季節になったらチャレンジしてみてください。

biwatanezake2.jpg


このブログ記事について

このページは、有限会社ツルシマが2012年1月24日 10:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「You are what you eat.」です。

次のブログ記事は「食べるとホッとするもの!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。