2011年7月アーカイブ

写真の鍋は、ツルシマ創業当時(昭和29年)に、玄米かりんとうの試作に
使っていたものです。この鍋に油を入れて、かりんとうを揚げていました。

57年間もの間、大切に保管しており、今も煮しめや七草粥などのお粥を作るときなどに

現役バリバリで活躍しています。

創業者の想いが詰まった鍋・・・これからも大切に使っていきます。

 

nabe.jpg


 

 

ツルシマ香蓮(こうれん)50g ツルシマ節香蓮(ふしこうれん)50g のご紹介です。


ツルシマ香蓮50g

山口県産蓮根を乾燥させて炒り粉末にし、国内産(高知県または九州産)生姜粉末を微量加えました。

 

ツルシマ節香蓮50g
山口県産蓮根の節の部分を乾燥させて炒り粉末にしました。

 

お召し上がり方
小さじ1~2杯にカップ1杯の熱湯を注ぎ、よくかき混ぜてお飲み下さい。


2つの商品の比較

1. 原材料
  香蓮 50gー蓮根・生姜 
   節香蓮50gー蓮根節     
※香蓮50gには、生姜粉末が入っています。

  
2.栄養成分

 香蓮50g - 栄養成分(50gあたり)


 エネルギー  176kcal
 たんぱく質  4.8g
 脂質        0.3g
 灰分       2.35g
 糖質       35.5g
 食物繊維    6.1g
 ナトリウム 33.95mg
 

 節香蓮50gー 栄養成分(50gあたり)

 エネルギー 169.5kcal
 たんぱく質   5.25g
 脂質         0.55g
 灰分          2.5g
 糖質         30.8g
 食物繊維    10.25g
 ナトリウム  36.4mg


※価格等その他の情報は、こちらのページの商品案内をご覧ください。

 

関連商品

ツルシマ 香蓮うどん250g ←香蓮50gの蓮根粉末を練り込んだ蓮根麺です。

ツルシマ 生姜末40g    ←香蓮50gに入っている生姜粉末です。

ツルシマ 香蓮飴100g   ←香蓮(蓮根粉末・生姜粉末)を練り込んだ米飴です。

 

 

ツルシマゆで小豆を使ったぜんざい。

yudeazuki-zenzai.jpg

写真はイメージです。ツルシマ ゆで小豆には、白玉は入っておりません。

 

ツルシマゆで小豆は、原材料が小豆と食塩だけ(69kcal/100g)ですので、少し水を加えて、

そのまま温めて食べるとうっすら塩味で小豆本来の味が楽しめます。甘みのほしい方は、

お好みで黒砂糖やてんさい糖などを加えてください。

 

 

マルシマ生姜紅茶のアイスバージョン!

shogakocya.jpg

グラスに、生姜紅茶1袋を入れ、最初にお湯を少しだけ入れてよく溶かす。

次に、氷を入れてから水を注いで出来上がりです。

私は、生姜紅茶1袋入れた後、ツルシマ生姜末を少々加えるときもあります。

 

 ずっと、ホットで飲んでいたのですが、防府天満宮の参道沿いの喫茶店エイト

でアイス生姜紅茶 を飲んで以来、アイスバージョンにハマっています。

 

喫茶店エイト

umeterasu7.jpg

 

umeterasu6.jpg

 

 

私(鶴島和典)の似顔絵・・・・・妻に書いてもらいました!

 

kazunori nigaoe.jpg

1  2

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年6月です。

次のアーカイブは2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。